今天是:
网站首页 高尔夫资讯 技能实习生 外派劳务 劳务派遣 长江写真 在线留言 介绍湖北 网站简介 走进韩国 走进日本 走进德国 走进新加坡 走进加拿大 老狼博客 与狼共舞
栏目导航

研修生修养 研修生信箱 技能实习生交流 研修生问答 媒体摘要 研修生制度 蓝领铁军资讯 蓝领铁军推荐
热点内容

JITCO获奖作文——三年の記憶

时间:2011-12-06 15:19来源:长江人力劳务派遣网 作者:高剑 点击:
桜吹雪はもう三回舞い落ち、最後の一年となった。まだ消え残る花弁の下、夕日に包まれた私の脳裏に、映画のように来日から今日までの途切れることのない記憶が去来する。おそ

 

    

 

 桜吹雪はもう三回舞い落ち、最後の一年となった。まだ消え残る花弁の下、夕日に包まれた私の脳裏に、映画のように来日から今日までの途切れることのない記憶が去来する。おそらく美しい記憶と言うのは、この桜の花の様な一瞬の感動ではないだろうか。
 私の勤務する会社は実務する三木市から車で二時間かかる朝来市にある。一昨年十二月に実施された日本語能力検定試験日のことだ。その日社長は朝三時半に起き、私が寝起きする寮にやって来られた。地理や電車の乗り方に不案内な私を試験会場の関西学院大学に連れて行く為にである。真冬の凍える様な寒さの中弁当を買いお茶を買い、試験終了までずっと外で私を待っていて下さった。帰りに私に労いの言葉をかけて下さっただけでなく、わざわざ神戸南京町に私を連れて行って下さった。普段会社と寮の往復だけの私にとってそこは初めて訪れる場所であり、懐かしい故郷の匂いが一杯の場所であった。散策し、美味しい物を御馳走になり、すっかり遅くなってしまった帰りの電車の中、社長は私の肩に凭れかかってとうとう眠ってしまっていた。その光景は肩にかかった重さと一緒に私の胸に今もはっきり残っている。自分が異郷の地に居ても大切にされ、信頼されているんだと強く感じた瞬間であった。
 それだけではない。満地の落花のように数えきれない記憶が三木市国際交流協会にもある。行動半径の狭くなりがちな我々研修生にとって、協会の多くの活動はとても有意義なものである。私は協会の日本語教室の一員になってから、言葉の勉強は言うまでもなく、ボランティアの先生方、そこへ通う様々の国の人々と知り合うことは視野を広げ、行動を広げ、心を大きく広げた。三年間参加した協会の活動全てに精一杯係わらせて頂けたことは本当に意義深く、幸せに思っている。
 斜陽の中ふと、記憶は現実に連れ戻される。三月十一日に起きた東北大震災をきっかけに、家族から「早く帰れ!」と言われ続けている。「どうしてパパは帰って来ないの?」と尋ねる五歳の息子の言葉に今、胸に手を当てて自問する。「日本でまだ沢山勉強したいのか?」「六月に行われる外国人弁論大会にエントリーしたいのか?」また、「今度は私がボランティアになってこの地の友人に中国語を教えたいのか?」と。
 いや、一番の理由は日本の復興を信じて、被災者の方々の応援をしたいということだ。私の仕事は少なからず災地の役に立つ仕事であら。例え微力であっても一緒に頑張って行きたいのである。どんな苦境、どんな困難、どんな辛さも未来を信じて努力すれば、美しい明日がきっと来ると思っている。そろそろ家族に手紙を書こう、私はもう少し日本で心の記憶を増やそうと思っているから。
 何十年後、老人になった私+はもう一度この記憶を紐解き、静かに涙し、ひっそりと微笑む。なんと幸せなことであろう。
 

 


 

 

 

 

(责任编辑:yangshunyin)
顶一下
(10)
83.3%
踩一下
(2)
16.7%
------分隔线----------------------------
2003年10月15日本网建站以来您是第my space tracker位访客 长江人力
2011年1月18日本网站改版后启用新的流量统计
推荐使用1024×768以上分辨率
 鄂ICP备
05006119号
免责声明:本站所转载内容如涉及所有者权益,请通知我们删除或更正
Copyright ©2003-2009 All rights reserved 推荐分辨率:1024×768