武漢 仙桃 潜江 天門 恩施 随州 咸寧 黄岡 鄂州 荊門 孝感 十堰 宜昌 荊州 襄樊 黄石 神農架

現在の位置: ホーム > 湖北のご紹介 > 襄樊 > 観光地 >
人気がある文章
サオツ面
鄖県のフーラタン・スー
十堰市人民商場
鹿門寺
東湖の桜園
江漢税関ビル
盤竜城遺跡の概況
武漢の晴川閣
東湖ホテル
揚子江飯店宗関店
絹製の造花
太子橋
印章石園
平湖広場
馨島ホテル
夷陵春巻き
武当山門
十堰市東風飯店
借糧湖
スイカ碑
銀杏
黄岡の紅都娯楽城
繁城の五香牛肉
漢川の天獅子
広水の酸っぱいスープ魚
襄樊市米芾記念館
地球村歓楽世界
武漢留雲亭
江漢飯店
武漢天梨陽光ホテル
武漢紐賓凱国際ホテル
漢陽の高竜
木蘭の縁日
ウォルマート・ショピン
湖北凱旋門プラザショッ
八宝山
文星ホテル
洪湖のレンコン
激辛ポークレバー
真綿茸茶
 
 
鹿門寺
 
2008-02-03 19:25

 


 

鹿門寺は湖北省襄樊市の襄陽城の南東部から15キロを離れている襄陽県東津湾境内の鹿門山に位する。初建てた鹿門寺の規模が広大で、秀麗で壮観であり、歴代の有名な僧侶がしばしば来られて仏事を主宰した。北宋の政和年間に最も盛んでいた。鹿門山の周りは山々で囲んでいて森が茂っていて石が奇怪な形に呈する。東漢の末年、襄陽の名士である龐徳公は妻を連れて山に入ってからもどらなかったことがある。盛唐時代の有名な詩人である孟浩然、張子容、白雲先生王迥などはいずれもここで隠居したことがある。全国各地の名家や文才がある人はここで集めていて、その時の文学と芸術の交流センターになった。唐代以来たくさんの美しい詩篇を残していた。足が鹿門山を踏めば、山が青黒い色で、水が青く、青緑がいつもお供している。寺を遠回りして階段を登って上へ行けば壁半分のところに岩が突出して掛けている。緑色の苔や水草はいろいろな形の鍾乳石に掛けている。一面の水カーテンに万個の真珠があり、コンコンと水中に落ちて、銀の玉が玉の皿に落ちるような響き声がしている。これが四方八方名が馳せている“豪雨池”である。鹿門山は豪雨池、天井、八卦池、竜頭を以って名が馳せているだけではなく、もっと不思議であるのはその四大景色が山形に沿って下へ自然的に並べていて一直線になる。大昔を考えて、未来のことを想像して孟浩然のしばしば歩いていた山道を踏んで山へ登り、思い存分“竹露滴清響”の奇妙な境を味わって、特別の風情がある。

 
閉じる
 
                                                                
ホーム ホームページに設定

本サイトは 解像度:1024×768、ブラウザ:Internet Explorer 6、文字のサイズ「中」で動作確認を行っております
http://www.hbcjzx.com
Copyright (C) 2004 Hbcjzx.com. All Rights Reserved
免責声明:本サイトに対して転載する内容は所有者権益に関れば、メールでお連絡してください