武漢 仙桃 潜江 天門 恩施 随州 咸寧 黄岡 鄂州 荊門 孝感 十堰 宜昌 荊州 襄樊 黄石 神農架

現在の位置: ホーム > 湖北のご紹介 > 武漢 > 観光地 >
人気がある文章
サオツ面
鄖県のフーラタン・スー
十堰市人民商場
鹿門寺
東湖の桜園
江漢税関ビル
盤竜城遺跡の概況
武漢の晴川閣
東湖ホテル
揚子江飯店宗関店
絹製の造花
太子橋
印章石園
平湖広場
馨島ホテル
夷陵春巻き
武当山門
十堰市東風飯店
借糧湖
スイカ碑
銀杏
黄岡の紅都娯楽城
繁城の五香牛肉
漢川の天獅子
広水の酸っぱいスープ魚
襄樊市米芾記念館
地球村歓楽世界
武漢留雲亭
江漢飯店
武漢天梨陽光ホテル
武漢紐賓凱国際ホテル
漢陽の高竜
木蘭の縁日
ウォルマート・ショピン
湖北凱旋門プラザショッ
八宝山
文星ホテル
洪湖のレンコン
激辛ポークレバー
真綿茸茶
 
 
東湖の桜園
 
2006-11-02 19:29

 


 

 湖北武漢の東湖の桜は普通、陽春の三月に咲き始め、満開すると、咲き乱れる花が錦のように美しく、白い雪や赤い夕焼けのように鮮やかに輝く。東湖桜園は磨山のふもとにあり、敷地が150ムーで、1977年鄧頴超が訪日時に中日友誼を象徴する78本の桜の木を持って帰ってここに植えてある。1999年から日本の陸奥銀行と東湖風景区管理局はまたここで1000余万元を一同投資して増築したので今の日本庭園の特色ある桜園に形成した。
 目下、園中に染井吉野、大島桜、枝垂れ桜など15品種の桜の木が5000本あり、東湖桜園も日本弘前桜園とアメリカ・ワシントン桜園の後に続いて世界第三の桜花見の聖地になった。桜園の全体は日本式の庭園によって企画とデザインし、園中に地形が起伏して何千本の桜の木が地勢によって植え、虹橋、小島、置石、小川などがその中に散在していて、さらに日本のしるし建築である五重塔を建てて、その中にいる場合、日本にいると疑っている。

 
閉じる
 
                                                                
ホーム ホームページに設定

本サイトは 解像度:1024×768、ブラウザ:Internet Explorer 6、文字のサイズ「中」で動作確認を行っております
http://www.hbcjzx.com
Copyright (C) 2004 Hbcjzx.com. All Rights Reserved
免責声明:本サイトに対して転載する内容は所有者権益に関れば、メールでお連絡してください