武漢 仙桃 潜江 天門 恩施 随州 咸寧 黄岡 鄂州 荊門 孝感 十堰 宜昌 荊州 襄樊 黄石 神農架

現在の位置: ホーム > 湖北のご紹介 > 武漢 > 観光地 >
人気がある文章
サオツ面
鄖県のフーラタン・スー
十堰市人民商場
鹿門寺
東湖の桜園
江漢税関ビル
盤竜城遺跡の概況
武漢の晴川閣
東湖ホテル
揚子江飯店宗関店
絹製の造花
太子橋
印章石園
平湖広場
馨島ホテル
夷陵春巻き
武当山門
十堰市東風飯店
借糧湖
スイカ碑
銀杏
黄岡の紅都娯楽城
繁城の五香牛肉
漢川の天獅子
広水の酸っぱいスープ魚
襄樊市米芾記念館
地球村歓楽世界
武漢留雲亭
江漢飯店
武漢天梨陽光ホテル
武漢紐賓凱国際ホテル
漢陽の高竜
木蘭の縁日
ウォルマート・ショピン
湖北凱旋門プラザショッ
八宝山
文星ホテル
洪湖のレンコン
激辛ポークレバー
真綿茸茶
 
 
盤竜城遺跡の概況
 
2007-06-03 20:31

 


 

 盤竜城遺跡は湖北省武漢市黄陂盤竜城経済開発区葉店村にあり、我が国長江中流地区始めて発見した商代早期の都市遺跡(今まで3500年)で、今まで我が国発見した同時期の最も保存の一番いい都市遺跡の一つでもある。それは豊かに埋蔵されている文化内包と地面外に暴露させる城壁の遺跡を以って国内外に名を馳せていて、“武漢都市の根”と誉められる。この遺跡は1954年に発見され、1956年に湖北省文物保護部門と公布され、1988年に全国重点文物保護部門と公布され、2001年中国20世紀100個考古重大発見の一つに評価され、2005年国家文物局に十一個五ヵ年計画に全国重大の文化遺跡保護項目の一つに計上された。
 盤竜城遺跡博物館の建設計画処は葉店村楊家湾にある。有り合せの塀で囲ったところは6240平米の敷地で建築面積が2000平米で、陳列室、倉庫、事務室などからなる。

 
閉じる
 
                                                                
ホーム ホームページに設定

本サイトは 解像度:1024×768、ブラウザ:Internet Explorer 6、文字のサイズ「中」で動作確認を行っております
http://www.hbcjzx.com
Copyright (C) 2004 Hbcjzx.com. All Rights Reserved
免責声明:本サイトに対して転載する内容は所有者権益に関れば、メールでお連絡してください