武漢 仙桃 潜江 天門 恩施 随州 咸寧 黄岡 鄂州 荊門 孝感 十堰 宜昌 荊州 襄樊 黄石 神農架

現在の位置: ホーム > 湖北のご紹介 > 武漢 > 観光地 >
人気がある文章
サオツ面
鄖県のフーラタン・スー
十堰市人民商場
鹿門寺
東湖の桜園
江漢税関ビル
盤竜城遺跡の概況
武漢の晴川閣
東湖ホテル
揚子江飯店宗関店
絹製の造花
太子橋
印章石園
平湖広場
馨島ホテル
夷陵春巻き
武当山門
十堰市東風飯店
借糧湖
スイカ碑
銀杏
黄岡の紅都娯楽城
繁城の五香牛肉
漢川の天獅子
広水の酸っぱいスープ魚
襄樊市米芾記念館
地球村歓楽世界
武漢留雲亭
江漢飯店
武漢天梨陽光ホテル
武漢紐賓凱国際ホテル
漢陽の高竜
木蘭の縁日
ウォルマート・ショピン
湖北凱旋門プラザショッ
八宝山
文星ホテル
洪湖のレンコン
激辛ポークレバー
真綿茸茶
 
 
武漢の晴川閣
 
2010-05-21 13:36

 


 

 晴川閣風景区は武漢市漢陽亀山の東麓“禹功磯”の上に位置し、北が漢水に臨んで、東が長江であり、黄鶴楼と川を隔てて望み合っていて、武漢地区唯一の川に臨んで立てている名勝旧跡である。
 晴川閣風景区の敷地面積が約一万平米で、平面が三角形に呈し、晴川閣、禹稷行宮、鉄門関の三大主体建築及び禹碑亭、朝宗亭、楚波亭、荊楚雄風碑、敦本堂碑及び碑楼、臨江駁岸、曲径回廊など十何箇所の付属建築からなる。
 晴川閣はまた晴川楼とも称し、明代の嘉靖26年から28年(期限1547-1549)にかけて漢陽の知府範之箴は大禹治水の功徳を記載するために建てたもので、その名前が唐代の大詩人崔灝氏の詩に“晴川歴々漢陽樹”という文から取った。禹稷行宮の元名は大禹廟で、司農少卿張体仁が南宋の紹興年間に建造し、後で武漢歴代大禹を祭祀するところになる。鉄門関は最初三国時期に建てられ、“呉魏相争、設関於此”である。三国時期から唐代初期の数百年間に鉄門関がいつも武漢の大切な軍事要所で何回も激戦を経験したことがある。
 晴川閣風景区の全体建設は1984年から始め、前後の2期に分けられて、(1984-1986;1990-1993)5年余の時間を経歴してから完成した。再建した晴川閣は南方の建築風格を主とし、南北建築の長所を融合して楼閣の雄奇、行宮の古僕、園林の奇美を一体に混合して、武漢市の有名な文化財観光景観になる。
 晴川閣風景区は1986年10月1日公式に対外開放し、1992年禹稷行宮と晴川閣は湖北省人民政府に省級の文物保護部門と公布され、1995年武漢市愛国主義の教育基地に命名され、1999年光栄に“湖北省十佳文博単位”を獲得し、2002年国家観光局にAAA級風景区を評定された。

 
閉じる
 
                                                                
ホーム ホームページに設定

本サイトは 解像度:1024×768、ブラウザ:Internet Explorer 6、文字のサイズ「中」で動作確認を行っております
http://www.hbcjzx.com
Copyright (C) 2004 Hbcjzx.com. All Rights Reserved
免責声明:本サイトに対して転載する内容は所有者権益に関れば、メールでお連絡してください