ホーム   ごあいさつ   三国の旅   湖北のご紹介   長江人力推薦   長江人力写真   技能実习生   達人の鉄軍   リンク集   連絡先
人気がある文章
外国人技能実習生受入事
日本人はどのように研修
研修生に係る費用
制度活用上の留意点
研修生・技能実習生の失
母国語相談によくある質
公共施設の有効利用
時帰国と再入国許可
研修・技能実習と内職・
効果的に公共施設を利用
休日・休暇の考え方
送り出した労務者の合法
研修生及び技能実習生の
夏季節の健康管理
日本の出入国管理制度
技能実習2年コース新た
研修・実習情報――税金
研修生及び技能実習生の
研修手当や賃金の取扱い
〈第3次出入国管理基本
歩行者の交通事故防止
研修生・技能実習生の失
外国人技能実習制度にお
日本国の《外国人研修制
研修制度と技能実習制度
日本人はどのように研修
非実務研修と実務研修
外国人技能実習制度のあ
厚生年金保険および脱退
制度活用上の留意点
派遣前研修
技能検定とJITCO の修得技
安全管理
研修生及び技能実習生の
研修生及び技能実習生の
外国人技能実習制度の概
健康診断
受入れ管理費、送出し管
外国人研修生・技能実習
外国人研修制度と技能実
  現在の位置: ホーム > 技能実习生 > 技能実习制度 >
 
監理団体の役割と受入れができる範囲
 
2011-07-07 16:30

  

  1. 監理団体の役割
   団体監理型受入れでは、技能実習生の受入れを行う商工会や中小企業団体などの監理団体の役割が非常に重要です。監理団体は、その責任と監理の下で技能実習生を受け入れ、技能実習1号と技能実習2号による期間を通して、技能実習を実施する各企業等(実習実施機関)において技能実習が適正に実施されているか確認し指導することが求められます。

  2. 受入れができる監理団体の範囲
   技能実習生の受入れができる監理団体(営利を目的とするものは認められません。)は次のとおりです。

  (1) 商工会議所又は商工会
  (2) 中小企業団体
  (3) 職業訓練法人
  (4) 農業協同組合、漁業協同組合
  (5) 公益社団法人、公益財団法人
  (6) 法務大臣が告示をもって定める監理団体
 

    本文转自《財団法人  国際研修協力機構》 http://www.jitco.or.jp/ ,转载请注明出处。

 
閉じる
 

                                                  
ホーム ホームページに設定 連絡先 リンク集
本サイトは 解像度:1024×768、ブラウザ:Internet Explorer 6、文字のサイズ「中」で動作確認を行っております
http://www.hbcjzx.com
Copyright (C) 2004 Hbcjzx.com. All Rights Reserved
免責声明:本サイトに対して転載する内容は所有者権益に関れば、メールでお連絡してください