ホーム   ごあいさつ   三国の旅   湖北のご紹介   長江人力推薦   長江人力写真   技能実习生   達人の鉄軍   リンク集   連絡先
人気がある文章
真珠貝の度量
靴には1番号小さくなっ
男だったらな、何かを守
幸せに生きたかったら、
あなたの褒めることに謝
お母さんの母になりたい
吹き出しと引き込みの間
田忌、馬を競う
慣れる力
回り道
面目を失う恐れはいらな
有り触れ気持と平気
コインを呑む虎
心が育つ”まで待つこと
友 人
あなたが笑顔だと私も笑
両面人
幸せについて
身売りの代金
最高の条件
マメかす式工事
吹き出しと引き込みの間
あなたは一つのはさみが
その場所に止まる
寛大にすることは綺麗で
成功は固執することです
家の庇に雨を避ける
本当の愛は無言だ
情は全てものの味だ
救急方法と火災予防を学
花と人生
理 由
手の緩めるべき時に手を
一語で驚く
大と小
創業は易し守成は難し
最後の聳え立つ
白馬の悲しみ
母の賃金
解釈が要らない
  現在の位置: ホーム > 技能実习生 > 研修生修養 >
 
心が育つ”まで待つこと
 
2013-05-05 12:41

  家庭教育は、親の考え方と責任感で決まってしまうと思います。携帯電話を持つことの是非も、それぞれの家庭の賢明な価値判断次第ではないでしょうか。例えば、遠距離通学等で、子供の安全を守るため、親子間の連絡に使うのであれば意味があるでしょう。
  しかし、「みんなが持っているから」「持っていないのは自分だけ」との子どもの言い分に負け、親の考え無しに持たせるのは賛成できません。
  最近は、パソコンなど便利なIT機器が氾濫しています。判断力の未熟な子どもだちは、知らないうちに影響を受けます。IT機器そのものが悪いのではなく、使い方なのです。使われるのではなく、使いこなすことが大切だからこそ、①“心が育つ”まで待っていてもいいと思います。
  携帯電話では、いつでもどこでも軽い“のり”で会話ができます。直接対話し、心をぶつけ合う煩わしさがありません。しかし、それでは人間らしい「心」は育ちません。
  “人は便利なものを発明した。しかし、その代わりに、本来持っていた能力を失った”という意味のことを言ったのは、たしかトインビュー博士でした。携帯電話を持つ前に、もっと親子間、友人間の「直接」の対話を増やしたいものです。

  この文章は日本語学習ネットからきますhttp://jp.tingroom.com/yuedu/wenzhang/6769.html転載する場合は出処を明記してください

 
閉じる
 

                                                  
ホーム ホームページに設定 連絡先 リンク集
本サイトは 解像度:1024×768、ブラウザ:Internet Explorer 6、文字のサイズ「中」で動作確認を行っております
http://www.hbcjzx.com
Copyright (C) 2004 Hbcjzx.com. All Rights Reserved
免責声明:本サイトに対して転載する内容は所有者権益に関れば、メールでお連絡してください