ホーム   ごあいさつ   三国の旅   湖北のご紹介   長江人力推薦   長江人力写真   技能実习生   達人の鉄軍   リンク集   連絡先
人気がある文章
真珠貝の度量
靴には1番号小さくなっ
男だったらな、何かを守
幸せに生きたかったら、
あなたの褒めることに謝
お母さんの母になりたい
吹き出しと引き込みの間
田忌、馬を競う
慣れる力
回り道
面目を失う恐れはいらな
有り触れ気持と平気
コインを呑む虎
心が育つ”まで待つこと
友 人
あなたが笑顔だと私も笑
両面人
幸せについて
身売りの代金
最高の条件
マメかす式工事
吹き出しと引き込みの間
あなたは一つのはさみが
その場所に止まる
寛大にすることは綺麗で
成功は固執することです
家の庇に雨を避ける
本当の愛は無言だ
情は全てものの味だ
救急方法と火災予防を学
花と人生
理 由
手の緩めるべき時に手を
一語で驚く
大と小
創業は易し守成は難し
最後の聳え立つ
白馬の悲しみ
母の賃金
解釈が要らない
  現在の位置: ホーム > 技能実习生 > 研修生修養 >
 
一言の称賛は人生を変える
 
2013-05-23 08:28

   新聞紙上のたった2行のほめ言葉が、無名だった画家を励まして、押しも押されもせぬ存在に導いた話がある。シルクロードの絵で知られる故平山郁夫さんは20代の終わり、体調の悪化をおして「仏教伝来」を描き、日本美術院展に出品した。

  数日して、名高い美術評論家だった河北倫明の院展評が新聞に載る。記事の末尾で「おもしろい味がある」とだけほめていた。平山さんは歓喜する。何度も読み返しては、励みにして描き続けた。「ボクシングでいえばダウン寸前に救われた」と。

  その2行がなければ、のちの輝かしい画業はなかったかもしれない。そう思えば、ほめる言葉は大切だ。実際のところ、ほめられることで運動技能は向上するのだという。日本の科学者グループが先ごろ実験の結果を発表した。

  キーボードを打つ速さで調べた。1回目を打ち終わった後にほめられた人たちは、2回目の結果が20%上昇した。「ほめて伸ばす」ことの科学的な妥当性が示されたと、グループは分析している。

  人間の脳は、ほめられることを報酬と感じ取るそうだ。平山さんとキーボードの実験は、かけ離れているようだが根は同じだろう。芸術も日常生活も、なべて人の営みである。

  「三つ叱って五つほめ七つ教えて子は育つ」などと俗言にいう。なかなかの塩梅(あんばい)と言うべきか、中学生も、親にほめられることの多い子は自己否定感が低いという調査結果がある。ほめ上手にして叱り上手。誰もそうありたいと願うところだが、さて。

  この文章は开心网から来ますhttp://www.kaixin001.com/pkusky/diary/view_79086258_51246479.html?classid=141013704&pos=17&start=0&type=class転載する場合は出処を明記してください

 

 
閉じる
 

                                                  
ホーム ホームページに設定 連絡先 リンク集
本サイトは 解像度:1024×768、ブラウザ:Internet Explorer 6、文字のサイズ「中」で動作確認を行っております
http://www.hbcjzx.com
Copyright (C) 2004 Hbcjzx.com. All Rights Reserved
免責声明:本サイトに対して転載する内容は所有者権益に関れば、メールでお連絡してください