ホーム   ごあいさつ   三国の旅   湖北のご紹介   長江人力推薦   長江人力写真   技能実习生   達人の鉄軍   リンク集   連絡先
人気がある文章
真珠貝の度量
靴には1番号小さくなっ
幸せに生きたかったら、
あなたの褒めることに謝
お母さんの母になりたい
吹き出しと引き込みの間
田忌、馬を競う
慣れる力
回り道
面目を失う恐れはいらな
有り触れ気持と平気
コインを呑む虎
心が育つ”まで待つこと
友 人
あなたが笑顔だと私も笑
両面人
幸せについて
身売りの代金
最高の条件
マメかす式工事
吹き出しと引き込みの間
あなたは一つのはさみが
その場所に止まる
寛大にすることは綺麗で
成功は固執することです
家の庇に雨を避ける
本当の愛は無言だ
情は全てものの味だ
救急方法と火災予防を学
花と人生
理 由
手の緩めるべき時に手を
一語で驚く
大と小
創業は易し守成は難し
最後の聳え立つ
白馬の悲しみ
母の賃金
解釈が要らない
倒れられない木
  現在の位置: ホーム > 技能実习生 > 研修生修養 >
 
 
2013-05-27 07:50

   愛ということばは、いつから人間の社会に発生したものでしょう。愛という言葉をもつようになった時期に、人類はともかく一つの飛躍をとげたと思います。なぜなら、人間のほかの生きものは、愛の感覚によって行動しても、愛という言葉の表象によってまとめられた愛の観念はもっていませんから。 
  更に、その愛という言葉が、人間同士の思いちがいや、だましあいの媒介物となったのは、いつの頃からでしょう。そして、愛という字が近代の偽善と自己欺瞞のシムボルのようになったのはいつの時代からでしょうか。三文文士がこの字で幼稚な読者をごまかし、説教壇からこの字を叫んで戦争を煽動し、最も軽薄な愛人たちが、彼等のさまざまなモメントに、愛を囁いて、一人一人男や女をだましています。 

  愛という字は、こんなきたならしい扱いをうけていていいでしょうか。 
  愛という言葉をもったとき、人間の悲劇ははじまりました。人類愛という声がやかましく叫ばれるときほど、飢えや寒さや人情の刻薄がひどく、階級の対立は鋭く、非条理は横行します。 
  わたしは、愛を愛します。ですから、このドロドロのなかに溺れている人間の愛をすくい出したいと思います。 
  どうしたら、それが可能でしょうか。わたしの方法は、愛という観念を、あっち側から扱う方法です。人間らしくないすべての事情、人間らしくないすべての理窟とすべての欺瞞を憎みます。愛という感情が真実わたしたちの心に働いているとき、どうして漫画のように肥った両手をあわせて膝をつき、存在しもしない何かに向って上眼をつかっていられましょう。この社会にあっては条理にあわないことを、ないようにしてゆくこと。憎むべきものを凜然として憎むこと。その心の力がなくて、どこに愛が支えをもつでしょうか。
  愛とか幸福とか、いつも人間がこの社会矛盾の間で生きながら渇望している感覚によって、私たちがわれとわが身をだましてゆくことを、はっきり拒絶したいと思います。愛が聖らかであるなら、それは純潔な怒りと憎悪と適切な行動に支えられたときだけです。そして、現代の常識として忘れてならぬ一つのことは、愛にも階級性があるという、無愛想な真実です。 

  この文章は文国日本語から来ますhttp://jp.v.wenguo.com/html/article/200708/7742.shtml###転載する場合は出処を明記してください

 
閉じる
 

                                                  
ホーム ホームページに設定 連絡先 リンク集
本サイトは 解像度:1024×768、ブラウザ:Internet Explorer 6、文字のサイズ「中」で動作確認を行っております
http://www.hbcjzx.com
Copyright (C) 2004 Hbcjzx.com. All Rights Reserved
免責声明:本サイトに対して転載する内容は所有者権益に関れば、メールでお連絡してください