ホーム   ごあいさつ   三国の旅   湖北のご紹介   長江人力推薦   長江人力写真   技能実习生   達人の鉄軍   リンク集   連絡先
人気がある文章
JITCO获奖作文——三年の記
ロンドン大学孔子学院が
人民元、対ドル変動幅を
私の眼中の日本と日本人
荘子
中国人研修生を雇うこと
ロマンチックな桜 動感の
技能実習生は入国直後か
私の眼中の日本と日本人
世界の文化と自然遺産
広島、原爆死者を追悼す
ネット上のデマ情報との
上海児童芸術劇場が落成
<アジア投資銀>初代総
大島女史は中国の“息子
高級な家政労働者はどう
管仲と鮑叔牙
武漢――大阪間初めての
中国研修生の権益が注目
国家外国専門家局、赴日
「自民党 FTAに関す
三峡ダム建設で移築され
法家学説の集大成の人物
長江三峽の物語
中日知的所有権に関する
四川大地震から5年:美し
陶芸や草木染め体験/県
中国の各民族の生活習慣
孟子
日本では持ち家か賃貸か
重慶の経済は健康に発展
中国人の日本語作文コン
日本政府は修復不吉な企
市場の需要が“非大学教
中国クリーンエネルギー
中国各地民衆、国慶節を
武漢の八名中学生は昨日
ちょっと元気に――町の
兵家の元祖――孫武
湖北省、3S技術で神農架の
  現在の位置: ホーム > 技能実习生 > メディアの摘録 >
 
中国伝統料理おいしいの秘密である
 
2014-03-29 13:44

  中国の餃子といえば、皆さんの頭に浮かび上がったイメージはきつね色でパリパリの皮、ジューシーな具、酢醤油をつけていただく食べ物ではありませんか。実は中国では餃子といえば、水餃子のことを指します。ゆであがった餃子は、皮がもちもちで、具材でおなかが膨んでいます。お皿にいっぱい盛りつけて、湯気もたくさん上がります。一個一個愛らしい表情を持っている餃子を熱々のうちにいただきます。

  中国では餃子の皮から手作りします。小麦粉から生地が捏ねあがり、待っている間に具の準備をします。北方の冬はとても寒くて、白菜に甘みがたっぷりあって、餃子の具によく使われています。白菜をみじん切りにして、塩を振ったら、次に肉の準備をします。市場から買ってきた新鮮のお肉を自分好きな割合を赤身と油身を使って、大きいなまな板の上にトントントンと叩きます。中国の包丁はとても大きくて、ずっしりしているので、包丁の重みと肩の力を使って叩くと肉に粘りが出てきます。その粘りが餃子を美味しくする一つの秘訣ですね。

  肉に味付けにしたら、汁を搾った白菜とにらなどを入れって、さらに混ぜます。白菜、にらと豚肉の組みあわせは冬の代表的な具材です。旬の具材、自分のお気に入りの具材、等々何でも餃子の具として使えます。具の組みあわせと味付けは、季節と家庭ごとに無数にあります。これが餃子を何回食べても飽きない理由の一つですね。中国の北部には「妻は他人の妻がいい、餃子とこどもは自家製がいい」という諺もあります。餃子を食べ終わったら、茹で汁も一杯をいただくことで、消化も良くなりますよ。

  昔から、中国の北部でお正月の時に必ず水餃子を食べます。餃子の発音は交子と良く似ていって、旧年と新年が交わるという意味を表しています。まだ、餃子の形は昔のお金の形にも似ています。お正月に餃子を食べると、旧年と別れ、新年と幸運を迎えるという意味ですね。時には、餃子の中に一個だけのコインや飴など入れて、当たった人は一年間幸福を恵まれるようになる、という催しを行うこともあります。

  お正月になると、遠くに住む家族もみんな帰って来て、積もる話を交わしながら、餃子を作ります。北部には「車に乗るときは餃子、降りたら麺」という言葉もあります。家族が出かける前にお母さんがパッパッと手早く餃子を作ってくれます。だから餃子は味が美味しいだけではなく、いつもいろんな思い出と繋がっています。中国人のソウルフードというような存在ですね。中華料理店に足を運んでも、なかなか本場の水餃子を食べられないですね。ぜひ今回の体験を大事にして、中国家庭の温かい味を味わってくださいね。

  本文来自《日本百合的博客》http://blog.sina.com.cn/s/blog_6271652b0102dz33.html转载请注明出处

 

 
閉じる
 

                                                  
ホーム ホームページに設定 連絡先 リンク集
本サイトは 解像度:1024×768、ブラウザ:Internet Explorer 6、文字のサイズ「中」で動作確認を行っております
http://www.hbcjzx.com
Copyright (C) 2004 Hbcjzx.com. All Rights Reserved
免責声明:本サイトに対して転載する内容は所有者権益に関れば、メールでお連絡してください