ホーム   ごあいさつ   三国の旅   湖北のご紹介   長江人力推薦   長江人力写真   技能実习生   達人の鉄軍   リンク集   連絡先
人気がある文章
JITCO获奖作文——三年の記
ロンドン大学孔子学院が
人民元、対ドル変動幅を
私の眼中の日本と日本人
荘子
中国人研修生を雇うこと
ロマンチックな桜 動感の
技能実習生は入国直後か
私の眼中の日本と日本人
世界の文化と自然遺産
広島、原爆死者を追悼す
ネット上のデマ情報との
上海児童芸術劇場が落成
<アジア投資銀>初代総
大島女史は中国の“息子
高級な家政労働者はどう
管仲と鮑叔牙
武漢――大阪間初めての
中国研修生の権益が注目
国家外国専門家局、赴日
「自民党 FTAに関す
三峡ダム建設で移築され
法家学説の集大成の人物
長江三峽の物語
中日知的所有権に関する
四川大地震から5年:美し
陶芸や草木染め体験/県
中国の各民族の生活習慣
孟子
日本では持ち家か賃貸か
重慶の経済は健康に発展
中国人の日本語作文コン
日本政府は修復不吉な企
市場の需要が“非大学教
中国クリーンエネルギー
中国各地民衆、国慶節を
武漢の八名中学生は昨日
ちょっと元気に――町の
兵家の元祖――孫武
湖北省、3S技術で神農架の
  現在の位置: ホーム > 技能実习生 > メディアの摘録 >
 
長野)現場で学ぶ 東京農大の学生、伊那の酒蔵で研修
 
2015-02-06 09:37

 

もろみの入ったタンクの前で、杜氏(とうじ)の漆戸貴彦さん(左)から

作業の説明を受ける広瀬麻帆さん(右)と古屋まりなさん=伊那市西町、漆戸醸造

 

  伊那市西町の蔵元「漆戸醸造」で2日から、東京農業大学(東京都世田谷区)の学生が1週間、泊まり込みで酒造りを学んでいる。兄弟である社長と杜氏(とうじ)が共に同大の卒業生という縁で、若い後輩たちを30人以上、受け入れてきた。大規模な酒造りを現場で体験できるとあって、学生たちは真剣だ。

  漆戸醸造は、兄の漆戸正彦さん(45)が社長、弟の貴彦さん(39)が杜氏を務める創業百年の蔵元だ。東京農大では卒業生の蔵元を中心に研修生を派遣しており、漆戸醸造も協力。4年制の学生は10年前から、短大生は4年前から受け入れている。

  昨年12月、4年制の醸造科学科の3年生2人が2週間泊まり込んだ。2日には、短期大学部の醸造学科2年生、古屋まりなさん(20)と広瀬麻帆さん(19)の研修が、7日までの日程で始まった。

 

 

  この文章は朝日新聞http://www.asahi.com/articles/ASH2245C0H22UOOB00G.htmlから来ます、転載する場合は出処を明記してください。

 

 
閉じる
 

                                                  
ホーム ホームページに設定 連絡先 リンク集
本サイトは 解像度:1024×768、ブラウザ:Internet Explorer 6、文字のサイズ「中」で動作確認を行っております
http://www.hbcjzx.com
Copyright (C) 2004 Hbcjzx.com. All Rights Reserved
免責声明:本サイトに対して転載する内容は所有者権益に関れば、メールでお連絡してください